性病検査はセルフキットで出来るから楽々|早期発見で救われる命

女の人

セルフで出来る検査方法

女医

不特定多数のパートナーと性行為を持つことが多くなった日本では今、「性病」が問題視されています。エイズやHIV、C型肝炎といった性病や、梅毒やカンジタ、クラミジアや淋病といった性病などに感染してしまうのです。パートナーがいる方は、いつ感染してもおかしくないですので、定期的な検査を受けて予防や治療に努めた方が良いでしょう。
セルフキットで性病検査を受けて陰性と分かった場合は、体を清潔にする、コンドームを付けるなどして今後もしっかりと予防をした方が良いです。もしも、陽性だった場合は直ちに医療機関へ行き、再度検査をしてもらい薬を処方してもらいましょう。パートナーも性病に感染している可能性が高いですので、一緒に医療機関へ連れて来て検査を受けさせた方が良いです。そして、2人で完治させて今後は性病に感染しない取り組みをしましょう。

最近は医療機関だけでなく、セルフキットを利用して性病検査が受けられるようになりました。セルフキットだとお手洗いやシャワールームなどの人目につかない所で利用出来ますので男女関係なく検査がしやすいです。
セルフキットには男性用と女性用、男女共用タイプの大きく3つのカテゴリに分けられています。そして、キットによって6項目や8項目、10項目と検査出来る項目数や性病が異なります。自分が気になる性病の検査が出来るセルフキットを選びましょう。
性病検査をしてその1週間後には検査結果が届きます。パソコンから見ることが可能ですので、家族に知られることはありません。プライバシーが守れる検査方法ですので、安心して利用しても良いでしょう。

検査で病気を判明する

ナース

性病検査は東京で行なうことができるので、性行為によって感染したときはまず性病検査をしましょう。内服薬で治療をするとともに、他にも塗り薬を使用することがあります。

View Detail

検査は3週間後が最適

医療

自分のためにも相手のためにも心配ならば、エイズ検査は受けるようにした方が良いです。3週間後が検査を受けるタイミングです。医療機関以外にも保健所で受けらますので、匿名で受けてみると良いでしょう。

View Detail

確実な検査方法

看護師

確実な検査結果が分かるスクリーニング検査は、陽性の可能性がある方が受ける検査方法です。このHIV検査方法で陽性と分かった場合は、確認検査と言う最終的な検査を受けてHIVか判断をします。

View Detail